サービス

  • 保守サービス

HDDデータ消去サービス

なぜ?廃却PCから情報漏洩?データは削除したはずなのに。
ハードディスクデータの機密情報漏洩をシャットアウト!

OS上での削除操作やフォーマット機能では、データを完全に削除することはできません。
当社のHDD消去サービスは書き込み式消去、物理破壊の2つの方法を
お客様のもとで実施も可能。データ消去のお客様の不安を解消します!

ハードディスクに収められているデータは、OS上での削除やフォーマット機能では完全に消去できない為、復元ソフトウェア等を使ってデータが復元される危険があります。
また、インターフェースや制御回路が故障・破壊してもディスク部分やメモリ部分が故障や破壊されない限り、データが読み取れるようになります。当社のHDD消去サービスは、お客様の機密情報を安全に廃棄するために2つの消去方法をオンサイトでも対応します。お客様の目の前で実施するので持ち出しリスクなくデータ消去が可能です。

[イメージ] HDDデータ消去サービス概要

ハードディスク上のデータを完全に消去するには、
どうすれば良いでしょうか?

HDDに記録されているデータを消去するには、下表の方法があります。

HDDデータ消去の方法
消去方式 消去方法 対象ディスクタイプ
書込型 「ランダムデータ(1)」→「ランダムデータ(2)」→「'00'」
の順に、HDD全領域に3回書き込み(NSA方式準拠)
HDD / SSD
物理破壊型 専用の物理破壊装置を用いて、磁性面を穿孔・折曲げてデータを破壊。 HDD / SSD
  • ※ NSA方式:米国国家安全保障局推奨方式。安全度の高いデータ消去方式。
  • ※ NSA方式は、現在の技術では復元不可能と言われていますが、将来に渡って保証するものではありません。

障害対応後のHDDデータ消去の流れ

オンサイトHDDデータ消去

  • (1) 障害対応で交換された、故障HDDに対しHDDを持ち出すことなくオンサイトでHDDデータ消去作業を実施します。
  • (2) 弊社所定の「HDDデータ消去作業完了報告書」にて報告を致します。
[イメージ] オンサイトHDDデータ消去概要

オフサイトHDDデータ消去

  • (1) データ消去作業指示書を作成し、障害対応で交換された故障HDDと一緒に梱包し、お客様に一時お預けします。
  • (2) セキュリティ輸送業者がHDDの引取りにお伺いしますので、お客様からお渡し頂きます。故障HDDは、弊社修理センタに、セキュリティ輸送にてより安全に送付されます。
  • (3) 、(4)弊社修理センタにて、HDDデータ消去を実施します。消去実施後、「HDDデータ消去作業完了報告書」を管轄サービスセンタに送付します。
  • (5) 管轄サービスセンタからお客様へ「HDDデータ消去作業完了報告書」を提出します。
[イメージ] オフサイトHDDデータ消去概要

サービス対象

製品個々のサービス対象可否は、営業担当にお問合せ願います。

対象インタフェース HDD/SSD
サイズ
ATA(IDE)
SATA(SATAⅡ、SATAⅢ)
SAS
Mini SATA SSD
M.2 SSD
3.5インチ
2.5インチ
メモリチップ
  • お客様のデータは、原則弊社が障害対応を行う前にお客様で消去して頂くか、HDD/SSDを購入して頂くことを前提に保守作業を実施します。(保守対応で交換した障害HDDは、弊社帰属)
  • HDDデータ消去サービスをハードウェア保守サービス契約のオプションサービスとしてご購入戴くと定額で何度でもサービスが受けられます。
  • 物理破壊によるデータ消去を行う場合、対象製品によっては各メーカより「ディスク返却不要サービス」を購入していただく必要があります。
HDDデータ消去サービスについてのお問い合わせ
当社HDDデータ消去サービスについてお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

お問い合わせ頂くお客様の個人情報は、SSLによって暗号化され保護されます。SSLに対応し ていないブラウザをご利用の場合や、FireWall等の設定により企業内ネットワークから当該ページにアクセスできない場合がございます。ご了承下さい。

[イメージ] 別ウィンドウアイコンこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きます。

このページのトップへ