本文へジャンプ

企業情報

個人情報保護方針

当社はJISに準拠した個人情報保護を行い、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)からプライバシーマークの許諾を受けています。

プライバシーマーク

2002年11月6日制定
2020年4月1日改訂


東芝ITサービス株式会社(以下、当社といいます。)は、当社の経営がお客様との信頼関係の上に成り立っていることを認識し、当社が取り扱うお客様の機密情報や個人情報に関し、全国に展開したどの拠点においても安心してお任せ頂けることを目的として、次のとおり情報セキュリティ基本方針を定め、これを実行し維持することに努めます。

  • 当社の事業の内容及び規模を考慮し、個人情報を取扱う管理責任者を置き、適切な個人情報の取得、利用及び提供を行います。また、個人情報ごとに特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないための適切な措置を講じます。
  • 個人情報の取扱いに関する法令、国が定めるその他の規範を遵守します。
  • 個人情報の漏えい、滅失又はき損などのリスクに対して、予防及び是正をはかるため、合理的な安全管理措置を講じます。
  • 当社の個人情報の取扱い及び個人情報保護マネジメントシステムに関して、お客様及び社員からの苦情及び相談を受け付けて、適切、かつ、迅速な対応を行います。
  • 個人情報を保護するための個人情報保護マネジメントシステムを遵守するとともに継続的に見直し改善を行い、適切な管理の維持に努めます。

東芝ITサービス株式会社
取締役社長 笹川 悦男

お客様の個人情報の取り扱いについて

当社は、お客様から個人情報に関するお問い合わせや、個人情報の開示・訂正・利用停止・削除等のご請求に誠実に対応します。

1. 個人情報の利用目的について

当社が保有するお客様等の個人情報は以下の目的のために利用いたします。

(1)お客様に関する個人情報

  • 当社が取扱う機器の据付・保守・修理・運用管理に関するサービス業務を適切に行なうため
  • 商品のサポートやサービスに関するご案内やこれらをご提供するため
  • 契約の履行のため
  • お客様とのお取引に関する連絡、商談および打合せ等をおこなうため
  • 当社が開催する展示会・セミナー等に関するご案内
  • アンケート調査のため
  • ご希望されたメールマガジンを送信するため
  • お客様からのお問い合わせまたはご依頼等への対応
  • お客様にあらかじめ明示し、ご同意いただいた利用目的
  • その他、お客様から個人情報をご提供いただく際に明示した目的の範囲を超えて利用する必要が生じた場合において、お客様へ事前にご連絡しご同意を得ていただいたうえでの利用目的

(2)官公庁の職員・公務員等の方に関する個人情報

  • 所管官庁への業務上必要な連絡・報告・問い合わせ等

(3)お取引先様各社、他社の役員・社員等の方に関する個人情報

  • 業務上必要な諸連絡・商談等
  • 取引先情報管理、支払・収入処理

(4)お取引先様から委託を受けた個人情報

  • 委託業務に関する契約の履行

(5)採用応募者に関する個人情報

  • 採用応募者(インターンシップを含む)への採用情報等の提供・連絡
  • 当社での採用業務管理

2. 個人情報の開示、提供について

  • (1)

    当社は、お客様からご提供いただきました個人情報は、下記のいずれかに該当する場合を除き、お客様の個人情報を第三者に開示または提供いたしません。

    • 1) お客様の同意をいただいている場合
    • 2) 法令に基づく場合
    • 3) 人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、お客様の同意をいただくことが困難な場合
    • 4) 業務委託契約に基づいて、個人情報を外部の会社に取り扱いを委託する場合。この場合、当社が定めた基準を満たす者を委託先として選定するとともに、個人情報の取り扱いに関する契約の締結や委託先において個人情報の安全管理が図られるよう適切に監督します。
    • 5) 合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業の承継がおこなわれる場合
  • (2)

    当社は、お客様からの商品や修理・サービスに関するお問い合わせ等に対し、当社の関係会社や代理店より対応させていただくことが適切と判断される場合に、お客様の住所、氏名、電話番号等を、お客様のご了解のもと当該関係会社等へ提供することがあります。


個人情報保護管理者
常務取締役 日隈 耕一

個人情報に関するお問い合わせについて

  • お客様ご自身の個人情報に関するお問い合わせは、お客様が個人情報をご登録された部門へお申し付けください。
  • 個人情報保護に関するお問い合わせや、ご登録部門がご不明な場合には<個人情報保護に関するお問い合わせ窓口>までお申し付けください。

開示等の請求手続きについて

当社は、保有するお客様ご自身の個人情報について、お客様から下記のご請求があったときは、個人情報保護法の定めに基づいて対応させていただいております。開示等の請求手続きや当社所定の請求様式(書面)の入手等につきましては<開示等の請求手続き>をご覧ください。なお、1) 開示のご請求、2) 利用目的の通知のご請求につきましては、有料とさせていただきます。

  • 1) 開示のご請求
  • 2) 利用目的の通知のご請求
  • 3) 訂正のご請求
  • 4) 追加のご請求
  • 5) 消去のご請求
  • 6) 利用の停止または第三者提供の停止のご請求

通信の暗号化について

お客様から個人情報をご提供いただく場合は、そのウェブサイトにSSL(Secure Sockets Layer) /TLS (Transport Layer Security)などの通信の暗号化技術を使用し、お客様の個人情報を保護します。
なお、SSL/TLSなどに対応していないブラウザをご利用の場合は、当該ページにアクセスできない場合がございます。

クッキー(Cookie)およびWebビーコンの利用について

  • (1)

    クッキーは、インターネットの効果的な運用のために、ウェブサーバーがお客様のブラウザに送信する小規模の情報です。当社は、お客様個々のニーズに合わせてウェブサイトをカスタマイズしたり、ウェブサイトの内容やご提供するサービスをお客様がよりご満足いただけるよう改良したりするため、クッキーを使用することがあります。

  • (2)

    Webビーコン(クリアGIF)は、GIFファイルとスクリプトを使用し、お客様のコンピュータからのアクセス状況を把握して、特定のwebページの使用率等に関する統計を取ることができる技術です。またWebビーコンと上述のクッキーとを合わせて使用することにより、詳細な統計的情報を取得することができるようになります。当社サイトでは、ウェブサイト改善のための統計的情報取得などの目的で、Webビーコン等の技術を使用することがあります。この場合には、Webビーコンによってお客様の個人情報を収集することがあります。

  • (3)

    当社は、ウェブサーバに記録されたお客様のIPアドレス(ご利用されているコンピュータを特定できる番号)を、主として下記の目的で利用することがあります。IPアドレスで個人を特定することはできません。

    • ウェブサーバで発生した問題の原因を突き止め解決するため。
    • ウェブサーバ管理のため。
  • (4)

    当社サイトでは、以下の目的により、クッキー、Webビーコン、スクリプトの技術およびIPアドレスを使用して、お客様の当社サイトの閲覧履歴やご利用状況を収集・調査・分析し、お客様の同意のもと取得したメールアドレス等の個人情報と関連付けて利用させていただく場合があります。なお、お客様のお名前、ご住所、電話番号、メールアドレス等の個人を特定可能な情報をお客様の同意なく取得することは一切ありません。

    • ウェブサイト改善のための統計的情報取得
    • お客様への適切な商品情報の提供
    • サービス・営業活動の紹介などの情報提供
    • 広告配信、販売促進活動
  • (5)

    お客様はブラウザの設定により、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキーを受け取ったとき警告を表示させたりできます。このような場合でもWebビーコンはアクセス状況を把握いたしますが、Webビーコンによって、当社がお客様の個人情報を収集することはありません。但し、その場合はパーソナライズ機能などが使えないなどの制約が生じることがあります。

その他の事項

  • (1)

    当社がご提供する一部のサービスでは、お客様から個人情報をご提供いただけない場合はご利用できないものがありますので、あらかじめご了承ください。

  • (2)

    15歳以下のお客様は、必ず保護者の方の同意の上で、個人情報をご提供して頂きますようお願いいたします。

  • (3)

    当社のお問い合わせ窓口等でのお電話による対応の場合は、お客様のお申し出を聞き漏らすことがないように、通話内容を録音させていただくことがあります。

  • (4)

    当社ホームペ-ジにリンクされている他社のウェブ・サイトにおけるお客様の個人情報の安全確保については、当社が責任を負うことはできません。

  • (5)

    当社では、より良くお客様の個人情報保護を図るため、および法令等の変更に対応するために、個人情報保護方針を改定することがあります。

このページのトップへ