トピックス

東芝ITサービスは、産業用低圧太陽光発電向け 
O&Mサービスの提供を開始いたします

2017年04月05日
東芝ITサービス株式会社

「東芝ITサービス株式会社」(本社:神奈川県川崎市川崎区日進町1-53、取締役社長:永田 友久、以下東芝ITサービス)は、産業用低圧太陽光発電事業者様向けO&Mサ−ビスの提供を開始しましたのでお知らせ致します。 
東芝ITサービスは、日本全国に配置した当社サービスネットワーク網を活用し、ITシステムのライフサイクル全般をサポートするサービス会社です。 昨今の再生可能エネルギーによる発電分野・IoT分野においても運用・保守などのサポートニーズが高まっており、東芝ITサービスの持つ機能・サービスネットワーク・ノウハウを活用し、総合的なサービス会社として、IoT分野のサポートにも取り組んでいます。

  1. 1.低圧太陽光発電O&Mサービス開始の目的 
    2017年4月1日より改正施行された「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(以下、改正FIT法)にて、低圧太陽光発電所に対しても安定的な電力供給が出来るように発電所の定期的なメンテナンスや緊急時の対応体制などが求められています。このような低圧太陽光発電メンテナンス需要の高まりを受け、東芝ITサービスはメガソ−ラで培ったメンテナンスノウハウや全国サービスネットワ−ク網を活かしたO&Mサービスの提供を開始しました。 (O&M: Operation & Maintenance: 発電所事業者様に代わって運転管理業務・維持管理業務を行う事業)

  2. 2.低圧太陽光発電O&Mサービスの概要
    O&Mサービスでは、低圧太陽光発電所の監視装置より上がってきた異常値を東芝ITサービスのリモート監視センターにて24時間365日監視し、異常があった場合必要に応じ発電所の事業者様に代わって現地へ駆けつけ一次対応を行います。また、発電所へ訪問し、定期点検の実施と、その結果レポ−トを発行します。  
    特に発電所が遠隔地にあり、定期的な確認・点検や、障害時の急な対応が困難な事業者様に有効なサービスです。

    フロー図

このO&Mサービスについて東芝ITサービスは、「ドライ・イー株式会社」(本社:東京都港区芝大門2丁目2番11号 代表取締役社長 川口 智生、以下ドライ・イー)及び、「株式会社NTTスマイルエナジー」(本社:大阪府大阪市中央区北浜2−6−18 代表取締役社長 谷口 裕昭、以下NTTスマイルエナジー)との連携により、2017年4月1日よりサービス提供を開始しました。
3社連携による構築したメンテナンススキームは、東芝ITサービスがNTTスマイルエナジーの太陽光発電遠隔モニタリングサービス『エコめがね』を活用し、発電状況の監視モニタリングを行い、障害発生時お客さまへ連絡し必要に応じて現地での一次対応を行います。お客様との契約はドライ・イーが主体となるとともに、東芝ITサービスの一次対応で改修工事等が必要と発覚した場合、ドライ・イーが別途改修工事を請け負うスキームとなります。

当該メンテナンス事業の各社の役割及びスキームは以下の通りとなります。
・ドライ・イー :お客様とのメンテナンス契約締結・通常メンテナンス以外の修繕等の工事を受託
・NTTスマイルエナジー :太陽光発電遠隔モニタリングサービス(エコめがね)の提供
・東芝ITサービス :障害受付、現地対応(O&M実務)




東芝ITサービスは、このO&Mサービスの提供を通し、低圧太陽光発電事業者様の課題となっている遠隔地への駆付けを含んだ緊急体制を可能とし、改正FIT法で求められている安定した電力供給体制を支援して参ります。
又、今後もサポートサービスの充実・拡大を図り、5年間で1万件のサービス提供を目指します。

◎低圧太陽光発電O&Mサービス詳細についてはこちらから



*その他、記載の会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

−以上−

本件に関するお問い合わせ先

■ 本件に関する報道関係からのお問い合わせ先:
  東芝ITサービス株式会社  営業企画部  プレスリリース担当(TEL 03-6756-5115)

 
 

 

このページのトップへ