低圧太陽光発電システムO&Mソリューション

※Operation & Maintenance
低圧=50kW未満

安定した電力を作り出すために、低圧太陽光発電設備の安定稼働を支える

安定的な売電収入を得るには、発電所の状況監視と、万一に対応できる保守が重要です。
遠隔地に設置してある発電所などは、不具合に気付かず長時間の発電低下による売電収入の低下をもたらします。
東芝ITサービスの低圧太陽光発電システムO&Mソリューションは、24時間365日のモニタリング(監視)・定期点検により、
お客様の低圧太陽光発電設備の安定稼働を支えます。

[図]低圧太陽光発電システムO&Mソリューション

低圧太陽光発電設備のこんなお困りごとを解決します!

  • 24時間365日監視で、発電量の低下や発電停止など不具合の早期発見につなげ、売電収入損失のリスクを軽減します。必要時には、エンジニアの駆けつけをスピーディに手配し対応。また、発電量のモニタリングなども行います。
  • お客様の目の届きにくい遠隔地の太陽光発電設備へも、当社エンジニアが定期的に点検を行い発電量低下を未然に防ぐこともできます。
  • お客様の太陽光発電設備の最寄りのサービス拠点からエンジニアが駆けつけ、不具合の原因切り分けと対応を行います。損失時間を短縮し安定稼働を支えます。
    ※現地駆けつけは年一回までを基本とし、二回目以降は別途費用がかかります。

低圧太陽光発電のお困りごとは、東芝ITサービスの低圧太陽光発電システムO&Mソリューションにおまかせください!

このページのトップへ

監視/現地駆けつけにおける損失差事例

[図]監視/現地駆けつけにおける損失差事例

このページのトップへ

低圧太陽光発電システムO&Mソリューションの流れ

[図]低圧太陽光発電システムO&Mソリューションの流れ

このページのトップへ

メニュー概要

分類 メニュー項目 作業レベル 内容
オペレーション アラート監視 アラート発生都度
(24時間365日)
監視装置からの警報メールを24時間/365日受信/検知し発電所の異常時に迅速な対応をします。
現地駆けつけ 年1回 アラート監視により故障を検知した際、都度お客様に確認し、お客様からの要求により1回/年まで、現地へ駆けつけ、状況を確認します。
※現地駆けつけは年1回までを基本とし、二回目以降は別途費用がかかります。
メンテナンス 定期点検 年1回 メンテナンスサービス項目に基づき現地にて太陽光パネル/架台/接続箱/PCS等の点検を実施します。

このページのトップへ

本ソリューションは、ドライ・イー株式会社の「みまもりおぅる™」に採用されています。

FAQ(よくあるご質問)

このページのトップへ

低圧太陽光発電システムO&Mソリューションのご相談・お問い合わせはこちら

注意事項

  • 本ソリューションは、当社指定の監視装置ご契約ユーザ様に限ります。
  • 離島など一部地域は除きます。
  • 機器の修理は含みません。一次対応で機器故障が判明した場合は、お客様よりメーカ、または、販売店へご連絡をお願いいたします。
  • 自然環境の状況により駆付けが困難なケースがございます。この場合は状況が回復後のサービス提供となることをご了承願います。
  • 本ソリューションは、10kW〜50kW未満の産業用・野立ての低圧太陽光発電システムを対象としております。
  • 掲載の会社名・商品名・ソフトウェア等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • 本ソリューションは日本国内のみとなります。
  • 本ソリューションに関する詳細につきましては、当社営業担当までお問い合わせください。

このページのトップへ